会社案内

  • 無料!国交省ガイドブック
  • 無料相談・無料診断

tel:0120-655-997
福岡県北九州市小倉南区大字曽根4058-1
〔受付時間〕9:00~19:00 〔定休日〕不定休

❖ 会社案内

商号 有限会社アイテールハウス
本社 福岡県北九州市小倉南区大字曽根4058-1
TEL 093-921-5685
FAX 093-921-5688
E-Mail:info@aither-house.com
代表者 門岡一志 門岡博昭
営業エリア 北九州市、行橋市、中間市、直方市、京都郡、遠賀郡、及び周辺地域
建設業免許登録 福岡県知事許可(般-28)第100864号
創立年月日 平成17年12月1日
取扱品目
  1. 土木一式工事及び建築一式工事の設計、施工、管理
  2. 大工工事業及び内装仕上工事業
  3. 左官工事業及び石工事業
  4. とび・土木工事業及び鋼構造物工事業
  5. 屋根工事業及び板金工事業
  6. 電気工事業及び電気通信工事業
  7. 管工事業及び水道施設工事業
  8. タイル・れんが・ブロック工事業及び造園工事業
  9. 塗装工事業及び防水工事業
  10. 建具工事業及びガラス工事業
  11. 舗装工事業及びしゅんせつ工事業
  12. 解体工事業
  13. 建築物の設計及び工事監理
  14. 住宅及びビルリフォーム事業
  15. ペットと共生する住宅の企画及び提案
  16. ホームセキュリティーサービス業
  17. 宅地建物取引業
  18. 産業廃棄物及び一般廃棄物の収集・運搬・処理
  19. 古物商
  20. 飲食業
  21. 前各号に付帯関連する一切の事業

住宅リフォーム団体国土交通大臣登録

一般社団法人 木造住宅塗装リフォーム協会会員

日本塗装職人の会会員

住宅あんしん保証登録業者

アクセスマップ

門岡博昭の思い

今まで誰にも言いたくなかったことをお話しします。

私は北九州、小倉の足立山の麓、妙見町に生まれました。

子供の頃は山や川、池で泥んこになって遊びまわり、夏は日焼けして真っ黒でした。

昭和30年当時の森林公園の風景

母は私が小さい頃から父の学歴のない事を嘆き「家が貧しいのはお父さんが学校を出ていないから」「博昭、お前は一生懸命勉強して偉い人になりなさい」と口癖のように言っていました。

しかし私は、一番安いタバコ(ゴールデンバット)をくわえ一緒に竹馬や竹とんぼを作って遊んでくれた父が大好きでした。

寿山小学校、霧丘中学校時代はそんな母の言葉もあって、何が偉いのかは解らないままよく勉強をして優等生でした。

しかし…

進学校の小倉高校に入学した後、私の人生に大きな転機がやってきました。

一流大学を目指して勉強一筋、成績第一主義の中でついて行くことができず

また、過去の反動もあって遊びまわるようになっていきました。

そして、学校にもだんだん行かなくなり落ちこぼれて高校三年の秋、中途退学…

その後、すぐに地下足袋稼業に入りました。

私が18歳のときでした。

そして、とび、塗装工、配管工と職を替え、23歳の頃には現場を任されるような職人になっていました。

勤めていた会社の倒産

やっと職人として一人前になった頃、勤めていた工務店の倒産。

私を弟のように可愛がってくれ、毎晩のように飲みに連れて行ってくれた社長が大好きで「社長のために頑張ってこの会社を大きくするぞ!!」という私の夢も砕け散ってしまいました。

長男も生まれたばかりで、家族を守るために真剣に考えました。

そして、独立自営を決意し個人のリフォーム店を開業…私が28歳のときでした。

折しも北九州市は下水道の普及が始まりトイレの水洗改造、キッチン等の水まわりリフォーム時代の幕開けでした。

次から次へと受注があって、私の工事写真が「雛形工事写真」と使われたりして当時の私は天狗になっていました。

開業当初は控えていた酒も、根が好きなこともあって仕事が順調にいくとともに酒量がうなぎのぼりに増えていきました。

毎晩のように仕事仲間と飲み歩き、午前様もしばしばでした。

それでも仕事中は一生懸命、そして丁寧にしていましたので、お客様からは可愛がられていたように思います。

アル中…そして破滅の時

40歳になった頃、もう私は立派なアル中になっていました。

こんなはずではなかった…。

何とかしなくてはと焦る気持ち、そして何とか酒を止めようともがく毎日でした。

毎晩のように布団の中で、明日からは酒を止めて人生をやり直すと決心するのですが

朝目覚めると酒を飲み、酔いつぶれ、生活もどん底に落ちていきました。

借金もかさみ、子供達のノート、鉛筆などの学用品、給食費も満足に払えない状態の中

女房も子供達のために必死で働いてくれたのですが、追いつきませんでした。

女房、子供達、年老いた両親にはずいぶんと苦労と可哀相な思いをさせたと思います。

奇跡の断酒…どん底からの復活

45歳になったとき、私の一生で大きな出逢いがあり、酒を断つことができました。

私は完全断酒への一歩を踏み出したのです。

今までの失った時間は取り戻すことはできないけれど、貧しくても家族と平穏に暮らすために必死に働こう、私にどのくらいの時間が残されているか判らないけれどこれから何をしていこうか…と必死で考えました。

借金だらけで何の取り得もないアル中男になっていましたが、一つだけ私には残されたものがありました。

それは、家族と若い頃から培った職人の技術とノウハウでした。

お金がなかったおかげで工夫しました。

中古のトラックをローンで買い、カッティングシートを自分で切り取り社名を貼りつけ、電動工具や機械はリース会社や知り合いの工務店から借りました。

友人からもらったワープロで女房がチラシを作り、子供達が私のにがおえを描き夜なべして手作りのチラシを折って、早朝から夫婦二人でポスティング…

辛かったけれど、今ではよい想い出です。

創業当時のトラックとチラシ

電話が鳴るのを待ち望み、今日もまたダメか…と諦めかけた頃、電話が鳴りました。

深呼吸をして受話器を取ると…

「山門町の菊池といいます。チラシを見て電話しました」

話が終わり受話器を置いた瞬間、夫婦で「ヤッター!!」と手を取り合って喜んだことを

今でもよく覚えています。

「排水マスもパイプもピッカピカ!」「排水パイプの化学高圧洗浄 税込9,800円!」の超目玉商品工事です。さっそく菊池様のパイプクリーニング工事をさせていただきその上すぐご近所のご紹介もいただきました。

現在当社は外壁塗装の専門店ですが、この「パイプクリーニング工事」は塗装工事などでご迷惑のかかるご近所のお宅に限り、現在でも税込み9,800円でさせていただいております。

話は戻ります。

そうやって小さな工事を誠心誠意させていただきながら、何とか生活をしていました。

女房のやりくりのおかげで質素ですが、人様に迷惑をかけずに生活できるようになりました。

三ヶ月たち、半年程もすると、初めの頃のお客様からリフォーム工事の依頼もいただけるようになり、また同時にお友達のご紹介もあり、二年目からは安定した受注をいただけるようになりました。

三年目で長男(現在の専務)も手伝うようになり、長女(現在お客様窓口係)も手伝いに加わり、家族四人で仕事をさせていただくようになりました。

私たちは、一日の仕事が終わって遅い夕食の時いつも話しています。

どんなリフォーム工事でも「一生懸命誠意を持って、まるで自分達の家のことのように工事すること」常に「お客様のお役に立つこと」「お客様に喜んで満足していただけること」

そのことを会社の理念として、いつまでも忘れないようにと。

あなたの夢を実現します

塗替えリフォームで一番重要なことは下地調整です。

仕上がりの良し悪しは、この下地調整に全てがかかっていると言ってもよいくらいです。

アイテールハウスは下地調整に絶対の自信を持っています。

職人の信念と誇りをかけて、建物全体の傷んでいる箇所を補修します。

徹底した下地調整作業があるからこそ、すべてが塗り終わった後、お客様から「まるで新築のようだ!」「本当にキレイになった!」と喜びの声を聞くことができるのです。

ですから、大企業や有名工務店などのブランドにこだわりがなく塗替えリフォームで大切なお金を無駄にしたくない方は

アイテールハウスにしかない「感動の塗替えリフォーム」のすべてをぜひ一度お尋ねください。

【追伸】

よいリフォームをするのは簡単です。作り手の私たちが真剣に工事をすればいいだけのこと。

リフォームをしようと考えるご家族の方々は皆さん素人です。

どんなに勉強しても私たちには知識も経験もかないません。

だから私たちは真剣に一生懸命よいリフォームの提案をしなければならないのです。

一生のうちで何度もない大金を使ってのリフォーム工事、しかも家を守るためやむなくの出費です。

ですから、私たちはリフォームに費やすお金の重さに責任を感じています。

新築と違い、リフォーム工事は個々に少しずつ違いがあります。

私には、39年以上リフォームに関わってきた経験と知識があります。

そのすべてをお客様のために使わせていただきます。

あなたの傷んだ家が、まるで新築のようによみがえる。

そんな夢を実現します。

もし、満足されなかった場合、全責任は私がとりますことをお約束します。

顧客満足安心リフォーム研究会

有限会社 アイテールハウス          代表取締役会長 門岡博昭

外壁・屋根の塗替えの専門家『塗替銀次』

お問い合わせはお気軽に!

0120-65-5997

メールでのお問い合わせ

ページTOPへ